環境への配慮

廃棄物削減の取り組み

良品計画は、1980年のブランド創生以来、「素材の選択」「工程の見直し」「包装の簡略化」の3つの視点でものづくりを続けてきました。地球環境や生産者に配慮した素材を選び、すべての工程において無駄を省き、本当に必要なものを本当に必要なかたちでお客様に提供することを目指した、実質本位のものづくりです。

こうした創生以来の取り組みを進め、プラスチック製ショッピングバッグの廃止、マイバッグ持参の推進、パッケージ素材・陳列素材の見直しを行っています。

自然とのより良い関係を目指す無印良品は、地球資源の循環化および廃棄物削減に向けて、これからもできることから進めていきます。

1.目標

良品計画グループ、サプライチェーン、お客様、それぞれで目標を掲げて取り組みを進めています。

(1)良品計画グループ

・店舗、オフィスにおける資源リサイクル

世界中で展開する店舗とオフィスから排出される廃棄物を適正に管理・処理することで、資源リサイクルを推進します。
国内では、通いコンテナによる納品を実施し、店舗・センター間でリユースして使用しています。また、物流センターで発生するダンボール・古紙の一部を回収し店舗供給に使用するダンボールにリサイクルしくみを導入しています

・原材料調達における資源利用の効率化

商品の企画および調達する原材料の選定において、リサイクル素材の活用など、資源効率の向上につながる原材料の利用を促進します。

・商品の企画における資源利用の効率化

無印良品は、衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、1980年に日本で生まれました。生活の「基本」と「普遍」を目指し、長く愛用して頂けるものづくりを続けることで、資源がより効率的に活用される社会の形成に貢献します。

(2)サプライチェーン

無印良品は1980年の誕生以来、商品開発する上での3つの視点として「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」を大切にものづくりに取り組んできました。誕生以来大切にしている「資源を無駄にしない」の視点から、無印良品の衣料品の生産過程で発生する裁断端切れや、汚れや傷で販売できなくなった製品の一部を、再び糸にして、素材として再生し、製品化することにも取り組んでいます。また、輸送方法の最適化や梱包材の再利用などを通して、廃棄物を最小限に抑えていきます。

(3)お客様

無印良品はモノをつくり、モノを売る立場として、役割を終えたモノたちの行く末を考えています。長年ご愛用いただいた無印良品の商品を店頭にて回収し、ムリ・ムダの少ないリサイクルや、先人の知恵を生かしたリユースをご提案しています。

2.取り組み

良品計画グループ、サプライチェーン、お客様、それぞれの取り組みをご紹介します。

(1)良品計画グループの取り組み

ReMUJI

繊維製品の廃棄物削減~ReMUJI~

お客様に長年ご愛用いただいた無印良品の衣服を回収し、色を染め直すなど、新たな価値のある商品に再生させることで、廃棄物の削減に取り組んでいます。
2015年3月オープンの「無印良品 天神大名」店舗で販売をスタートし、2022年8月末現在では、日本国内の18店舗で常設販売をしています。
2021年9月にリニューアルオープンした「MUJI 新宿」では、日本国内最大のReMUJI売場を展開し、ReMUJIの活動をさらに拡大しています。これまで販売してきた「染めなおした服」に加え、染料が入りづらい化学繊維などの服については洗って再販する「洗いなおした服」と、服と服をつなぎ合わせてリメイクし、次の人につなげていく「つながる服」も同店限定で販売しています。また、衣服以外の繊維製品も回収しています。ReMUJIにしなかった衣服や繊維製品の一部は、BRING等と連携し、服や様々な原料として再生し、資源の循環を進めています。

※BRING...株式会社JEPLAN(旧 日本環境設計株式会社)の進める服から服をつくる(ケミカルリサイクル)プロジェクト。

マイバッグの推進

レジ袋やシェアバッグの取り組み

人と自然とのより良い関係を考える無印良品は、地球のごみを減らすため、できることからはじめています。 お買い上げ時にお渡しするレジ袋の削減もそのひとつ。

プラスチック製のレジ袋を廃止し、紙バッグの配布のみにすると同時に、お買い物でご利用いただけるマイバッグの種類を拡大し、お客様にマイバッグのご利用を呼び掛けています。日本国内の無印良品全店においてマイバッグの利用を推進するため、商品ご購入の際にレジ袋をご辞退いただいたお客様を対象に、MUJI passportマイルを付与しています。

加えて、大きなサイズの商品やまとめ買いに便利なシェアバッグ「再生ポリプロピレンバッグ」をデポジット150円でご利用いただけます。ご不要になった際にはお近くのお店にお持ちください。デポジットをお戻しいたします。

パッケージ素材、陳列資材の見直しによる環境配慮

パッケージ素材、陳列資材の見直しによる環境配慮

地球資源の循環化および廃棄物削減を目指して、商品パッケージや売場陳列用資材の素材を順次見直しています。例えば、プラスチック製が一般的な靴下やストールの陳列用フックを、2019年春夏商品から再生紙を使用したものに変更をしました。下着やアロマオイルなどパッケージを必要とする全ての商品を洗い出し、現在のプラスチック原料を中心としたパッケージから、無くす、もしくは再生紙などの代替素材へと可能なかぎり変更を進めています。

また、2020年2月からは、飲食業態Café&Meal MUJIで提供するストローの素材を、現状の紙製のものから竹の繊維を材料としたストローに順次変更していきます。天然素材のみで作られたこのストローは自然環境下でも100%分解され、かつ紙製よりも耐水性が高いことからお客様の飲みやすさも確保しています。

加えて、プラスチック製が一般的なタグを止めるピンを、2021年秋冬商品から再生紙を含むFSC紙を使用した紙製タグピンに順次変更していきます。強度を保つために、紙に撚り(ねじり)をかけ、タグを止めるピンとして使用できる仕様にしています。
2022年秋冬の商品からは紳士・婦人肌着の全商品も紙ハンガーへと変更しさらに包材・資材の脱プラスチックを進めており、紙ハンガー・フックの回収およびリサイクルも開始しています。回収した紙ハンガーや紙フックは、工場で溶解して紙に再生したのち、一部を当社商品の紙ハンガーに活用したり、他社の古紙製品に活用されます。これまでご家庭でごみとなっていた資源の循環を図ります。
自然とのより良い関係を目指す無印良品は、地球資源の循環化および廃棄物削減に向けて、これからもできることからすすめていきます。

「もったいない市」の展開
「無印良品 銀座」の開催様子

「もったいない市」の展開

使用するには問題ないけれど、製造・流通過程におけるわずかな傷や汚れ、色味や染め具合など、規格外のため販売できなくなった商品があります。そのまま廃棄をしてしまうと、せっかくの資源を無駄にしてしまいます。無印良品は、廃棄により資源を無駄にするのではなく、このような商品を集めて販売する「もったいない市」を展開しています。

2021年2月に「無印良品 銀座」よりスタートし、現在までに日本国内10店舗で開催しました。また、2021年9月にリニューアルオープンした「MUJI 新宿」では、「もったいない市」を常設しています。

自分で詰める水のボトル・給水サービス

自分で詰める水のボトル・給水サービス

プラスチックごみを削減する取り組みの一環として、2020年7月1日(水)より「自分で詰める水のボトル」を販売するとともに、無印良品の店内に給水機を設置し、店舗での給水サービスをスタートしました。

自然とのより良い関係を目指す無印良品は、地球資源の循環化および廃棄物削減に向け、できることから進めています。このたびプラスチックごみ削減の一環として、無印良品の店内に給水機を設置し、無料の給水サービスをスタートします。この給水機でご利用いただける飲料水には、水道水を使用しています。ペットボトル入りの飲料を新しく買う代わりにマイボトルを持参すれば、誰もが気軽に飲料水を詰めることが可能です。店内に給水機を導入し、マイボトルを持参される方が増え、環境や健康について考えるきっかけとなることを目指しています。

また、自分で繰り返し水を詰め替えることのできるボトルを販売します。無印良品に設置した給水機での利用はもちろん、ご自宅やオフィスでも気軽にご利用いただくことで、新しいペットボトルを消費することのない「給水」という行為が日々の習慣になることを目指しています。発売と合わせて、不要となった「自分で詰める水のボトル」の店頭での回収もスタートいたします。繰り返し使っていただきたい商品ですが、新しいボトルへの買い替えの際や万が一破損してしまった場合などは、お近くの無印良品までお持ちください。回収した商品はポリエステル原料にリサイクルすることで、プラスチックごみを削減し、石油由来原料の有効活用につなげます。

紙の使用量削減の取組み

無印良品(上海)商業有限公司(以下、上海オフィス)では、自発的に手を挙げてくれたメンバーが集まってオフィスのリノベーションや働き方について話し合う、オフィス改善プロジェクトを推進しています。

プロジェクト内で「印刷した紙の二次利用を促進できないか」という意見が出たことを機に、インクを消すことで紙を再利用することのできるプリンターを2017年7月から導入しました。その資料は本当に印刷すべきかどうかを都度考え、上海オフィスメンバーの資源に対する意識を高めるきっかけとなっています。

一人ひとりの気付きを大切にし、小さな取組みも全員で真剣に考えることで、意識や行動の変化につながると考えています。

(2)サプライチェーンの取り組み

再生素材の活用~コットン、ウール等~

本来なら捨ててしまう、生産過程から出る端切れや余り糸を、原料として再生し、再生コットン、再生ウール入りの商品として販売をしています。
再生素材を活用した衣服や生活雑貨の商品を今後も次々に誕生させ、廃棄物の削減、資源の循環に向けて取り組んでいきます。

~再生ウールの取り組み紹介~

素材を無駄にしない

再生ウール

ウール製品を作るには、裁断などの工程でどうしても端材が出てしまいます。本来ならば捨てられてしまうものですが、これらを集めれば、もう一度ウールとして再生することが可能です。無印良品は、ものを無駄にしない、昔ながらの日本の暮らしの精神にもとづいて、再生ウールいう取り組みを行っています。

手間をかけて、再生

ウールを再生するには、羊の毛を生地にするのと同様に手間ひまがかかります。集めた端材は、丁寧に色ごとに仕分けられ、生地を細かく刻み、繊維状へと整えられ、糸へと仕上げられます。ウールの産地、尾州を中心とした日本の工場の高い技術と、連携によって、質の高い再生ウールへと生まれ変わります。

~再生ウールができるまで~

  • 1. 再生ウールの原料を分別

  • 2.裁断してワタ状にする

  • 3.紡績

  • 4.製織

  • 5.生地のシワを取り、風合い、硬さを調整

(3)お客様の取り組み

マイバッグの推進

マイバッグ利用の推進

2019年4月にオープンした世界旗艦店「無印良品 銀座」では、プラスチック製のお買い物袋を廃止し紙バッグの配布のみにすると同時に、お買い物でご利用いただけるマイバッグの種類を拡大しました。

2020年3月より、プラスチック製のショッピングバッグを順次廃止し、同年6月末までに、全ての店にて紙製のショッピングバッグのみへと変更しました。加えて、日本国内の無印良品全店においてマイバッグ利用推進キャンペーンを実施しています。商品ご購入の際にレジ袋をご辞退いただいたお客様を対象に、MUJI passportマイルを付与するなどの施策を通じて、お客様にマイバッグのご利用を呼び掛けています。

3.特定家庭用機器の再商品化等実績報告(2021年度)

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)に基づき、良品計画が2021年度(2021年4月1日から2022年3月31日)に再商品化等を実施した、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の総合計の状況は以下の通りです。

(1)特定家庭用機器廃棄物の再商品化等委託台数・重量・再商品化率 *右にスクロールしてご覧ください

品目 テレビ
(ブラウン管)
テレビ
(液晶/プラズマ)
冷蔵庫・冷凍庫 洗濯機・衣類乾燥機
指定引取場所での引取台数 25台 44台 11,584台 9,531台
再商品化処理台数 24台 46台 11,913台 9,767台
再商品化等処理重量 533kg 811kg 690,875kg 386,487kg
再商品化重量 397kg 701kg 557,850kg 363,846kg
再商品化率(重量比率) 74% 86% 80% 94%

(2)材料別再商品化等実績(施行規則47条第一号に基づく報告)

製品の部品または材料として利用するものに有償または無償で譲渡しうる状態にした場合の当該部品および材料の総重量

*右にスクロールしてご覧ください

部品及び材料名 テレビ
(ブラウン管)
テレビ
(液晶/プラズマ)
冷蔵庫・冷凍庫 洗濯機・衣類乾燥機
62kg 346kg 258,267kg 169,922kg
20kg 8kg 12,849kg 7,480kg
アルミニウム 1kg 33kg 6,822kg 8,083kg
非鉄・鉄など混合物 3kg 11kg 89,536kg 36,159kg
ブラウン管ガラス 180kg - - -
その他の有価物 121kg 296kg 188,197kg 140,498kg
総重量 387kg 694kg 555,671kg 362,142kg