ニュースリリース

地域とつながるスーパーマーケット内店舗 10/27(木)「無印良品 コープさっぽろ そうえん」オープンのお知らせ

2022.10.21

  • Facebook
  • Twitter
  • メール
  • URLをコピー

    クリップボードにコピーされました

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長:堂前 宣夫)は、北海道中央区に開業したスーパーマーケット「コープさっぽろ そうえん店」の2階に、新店舗「無印良品 コープさっぽろ そうえん」(以下、当店)を10月27日(木)にオープンします。当店は、札幌市内では9店舗目、北海道内では14店舗目の出店となります※1

無印良品は、「全国津々浦々で、生活の基本を支える」ことを目指し、現在、食品スーパー横など生活圏への出店を推進するとともに、日常の基本を支える商品、サービスを手に取りやすい適正な価格で提供することを進めています。1Fにある生鮮食品やお惣菜を取りそろえる「コープさっぽろ そうえん店」とともに、日用品・収納用品や衣料品を取り揃え地域のお客さまの生活に「役立つ」店舗を目指します。

※1 MUJI com、MUJI to GO形態含む

無印良品としての展開概要

1. 生活を支える日用品を展開、無印良品で人気の「冷凍食品」も導入

北海道内ではスーパーマーケット隣接2店舗目※2となる当店では、普段の暮らしを支える「日用品」を店舗のレイアウトの中心に据えており、ご好評いただいている掃除用品システムシリーズやウェットシートケースを含む「ハウスキーピング」、天然水を使用した敏感肌スキンケアシリーズ、やさしい肌触りで吸水性のよいタオル、書類整理だけではなくキッチンやクローゼットの整理にも使えることでも人気の「ポリプロピレンスタンドファイルボックス」シリーズ、衣料品は紳士・婦人に加え、子供服(ベビー・キッズ)の取り扱いなど、日々の生活に役に立つ衣食住のラインアップでお客さまをお迎えします。

また、無印良品でも人気のある「冷凍食品」を北海道内で5店舗目として導入します。冷凍食品は、できたての美味しさをそのままに冷凍し、手軽においしい料理やお菓子をお客様に提供します。「キンパ」、「もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり」、「チキンとほうれん草のキッシュ」、「塩こうじからあげ」、「国産黒豚肉入り餃子」など、毎日の献立作りのサポートになるようなラインアップもご用意しています。

※2 「コープさっぽろ やまはな店」に併設した「無印良品 コープさっぽろやまはな」(2021年11月25日オープン)に続く2店舗目です。

2. お買い物を楽しみながら、自由にお休みいただける休憩スペース

ファミリーや単身者など幅広い年齢層のお客さまも多くご来店されることに配慮した休憩スペースが当店の隣に設置されています。こちらには無料の給水機をはじめ、無印良品のテーブルやソファだけでなく、良品計画が展開する家具・インテリアブランドIDÉEのチェアなどをしつらえたラウンジスペース/コワーキングスペースとなっており、1,2階でお買い物を楽しまれるお客さまどなたでも、自由にお休みいただけます。内装材には北海道木材を使用しております。

ご家族連れのお客さまをはじめ、地元や近隣にお住いの皆さまに、ゆっくりとお過ごしいただけるサービスのひとつとして、ご利用いただきたいと考えております。

3. 北海道産の木材を活用した店舗内装

木材を通した地域コミュニケーションや環境配慮の観点から、店内の内装や休憩スペースには北海道産の道南スギ、トドマツを使用して「ロゴサイン」「梁柱」「壁面の仕上げ」を施工しました。この木材は「HOKKAIDO WOOD」※3の認証を受けており、店内では「HOKKAIDO WOOD」の紹介パネルも展示いたします。

※3 「HOKKAIDO WOOD」は道産木材製品のブランド名称です。北海道の森林で産出された木材を用いて、道内で加工された製品を道産木材製品といいます。

「無印良品 コープさっぽろ そうえん」オープンのお知らせ

4. 環境に配慮した取り組み

以下は、「無印良品 コープさっぽろ そうえん」で導入する環境に配慮した活動になります。コープさっぽろ そうえん店とともに環境に配慮した店舗活動を行います。

給水サービス プラスチックごみ削減の一環として、店内に給水機を設置し、無料の給水サービスをスタートします。この給水機でご利用いただける飲料水には、水道水を使用しています。ペットボトル入りの飲料を新しく買う代わりにマイボトルを持参すれば、誰もが気軽に飲料水を詰めることが可能です。店内に給水機を導入し、マイボトルを持参される方が増え、環境や健康について考えるきっかけとなることを目指しています。
プラスチック製品回収 無印良品で販売している化粧水/乳液/導入化粧液全シリーズの空ボトルと、買い替えや万が一の破損で不要になった「自分で詰める水のボトル」の回収を実施します。回収したボトルはポリエステル原料にリサイクルすることで、プラスチックごみを削減し、石油由来原料の有効活用につなげます。
衣料品回収 ご愛用いただいた無印良品の繊維製品を回収しています。回収した繊維製品は、服の原料などにリサイクルしています。また、回収した商品の一部は、染め直し加工の上、無印良品の一部店舗にてReMUJIとして再販売をしています。
※「無印良品 コープさっぽろ そうえん」でReMUJIの販売はございません。
保冷剤回収 不要になった保冷剤を回収し、リユースする取り組みをはじめます。回収したものは洗浄、殺菌後に凍結して、冷凍食品のお持ち帰り用に再利用します。

良品計画は、今後も地域に密着した商品展開や活性化の取り組みを行い、地域の方々の暮らしに役立つ店舗展開を目指します。

店舗の概要

店舗名 無印良品 コープさっぽろ そうえん
所在地 〒060-0010 北海道札幌市中央区北10条西23丁目1-1
コープさっぽろ そうえん店2階
オープン予定日時 2022年10月27日(木)
営業時間 10:00~20:00
売場面積 474坪(約1,566m2
Share:
Facebook
Twitter
メール
URLをコピー

クリップボードにコピーされました

報道関係の方のお問い合わせ

株式会社良品計画 広報・ESG推進部広報課
rk-pr@muji.co.jp